本文へスキップ

研究分野と研究内容

電気エネルギー工学講座
最近のエレクトロニクス技術の進歩には著しいものがあり、電力分野においてもその技術応用の重要性は一段と増しています。従来のエネルギー発生、輸送、利用に関する基礎的事項について教育するとともに、最新のエレクトロニクス技術を利用したプラズマ制御・診断技術や電力制御システム、光源、絶縁機器等の電力応用機器の基礎的学理と技術について、また、計算機を援用した回路システムの解析技術に関する教育と研究を行っています。

電気エネルギー変換工学分野 (神野雅文,本村英樹,池田善久)
プラズマの制御と計測の技術を背景に、環境保全に役立つ技術の開発を基本テーマとしています。具体的には、プラズマを用いた遺伝子導入技術の研究や除菌技術、植物や魚類の成長促進、快適な照明環境実現や道路照明の研究を行っています。

高電圧工学分野 (門脇一則,尾﨑良太郎)
液体および固体誘電体の高電界下での物理現象、ならびに放電応用に関する研究を行っています。具体的には、固体・液体中での絶縁破壊前駆現象の光学および音響計測・診断や、高速繰り返しパルスプラズマによる排ガス・廃液処理技術の開発を行っています。

応用数学分野 (井上友喜)
電気電子工学と数学に関連する諸問題に関する研究を行っています。具体的には、カオスとゆらぎ、カオスと回路、セルオートマトンとその応用、ニューロンとカオス、カオス写像の結合系等の研究を行っています。なお、井上の専門は数学、特にエルゴード理論です。


パルスでストリーマ放電

触れるプラズマで遺伝子導入



電子物性デバイス工学講座
半導体の光物性とその応用、希土類元素付活発光材料の作製、半導体の電気光学特性の評価と電子デバイスの試作、パワーデバイスのシミュレーション、金属及び半導体中の損傷組織など、基礎からデバイス応用まで広い分野の研究を行っています。

半導体工学分野 (白方祥,寺迫智昭,弓達新治)
光電子デバイスへの応用を目的として、化合物半導体薄膜の作成や電気的・光学的手法による半導体物性の解明を研究の主題としている。

ナノ・エレクトロニクス分野 (下村哲,石川史太郎)
ナノスケールのサイズをもつ半導体に閉じ込めた電子や正孔が示す特性を利用して、高性能の半導体レーザや新しい光源を開発します。ナノスケールの半導体の細線をぎっしり密に並べて、偏光の安定した面発光レーザの実現を目指しています

光デバイス工学分野 (上村明)
ディスプレイデバイスおよび発光材料に関する研究を行っており、具体的には、蛍光体粒子表面の自己修飾や、粉末EL用赤色蛍光体の特性評価等を行っている。


次世代太陽電池

面発光レーザ作製用分子線エピタキシ装置



通信システム工学講座
光通信やレーザ応用など進展の著しい光エレクトロニクス、ハードディスクやDVDなどの普及により注目されるディジタル記録、マルチメディアの将来を担う映像メディア処理やネットワークなどの教育研究を行っています。

電波工学分野 (松永真由美)
電磁界理論の立場から、ラジオ波から光波までの電磁波の伝搬特性を理論的かつ実験的に解析する研究を基盤に、光導波路を低損失に曲げる方法やガスセンサの開発、小型通信機器から衛星・電波望遠鏡のアンテナや回路の開発する研究に取り組んでいます。

光工学分野 (市川裕之)
光の回折現象を利用する素子、回折光学素子に関する研究を行っています。現在は、波長オーダーの微細な構造を有する素子の電磁気学的な解析や設計、性能評価、および応用探索が中心です。

通信システム工学分野 (山田芳郎、都築伸二)
画像処理やネットワークを研究テーマとしています。具体的には、動き情報を用いた動画処理応用システムの開発、次世代高速IPネットワークの基盤および電力線ホームネットワークの構築等を行っています。

情報ストレージ分野 (岡本好弘,仲村泰明)
ハードディスク装置(HDD)やDVD装置などの情報ストレージ装置の高密度化になくてはならない信号処理技術の研究を行っています。特に、次世代HDDの記録方式として注目されている垂直磁気記録に適した記録符号化、リードチャネル、誤り訂正の研究に力を注いでいます。

数理工学分野 (津田光一)
数学についての研究を行っています。特に工学に関連した数学をテーマとしています。具体的には、ウェーブレット解析に関する研究等を行っています。


スマートな電力供給

光を操る(透明マント)